NEWS

9月28日(土)スパイスだもの。2019が無事終了しました。
笑顔に溢れた賑やかな「1日限りの『森のなかのまち』」は、いつもの森へと静かに姿を変えました。

2年前の開催時は大雨、 今回も直前準備で大きなトラブルがあり、
当日の天気予報は常に雨、どうなるのか不安で堪りませんでした。

しかし奇跡的に1滴も雨は降ることはなく、
そこには木洩れ陽が差し込み、
木々の匂いを感じられる私たちの大好きな「五感で感じることが出来る森」
スーパーなスタッフの皆さんの働きのおかげで
「ゆるやかな幸せの空間」がそこにはありました。

丹波は決して便利な街ではありませんが、
【豊かなまち】であると私たちは感じています。
この土地に暮らす私たちだからこそ知っている魅力を、
スパイスだもの。を通じて少しでも多く皆様にお伝え出来たら良いなと思っています。
私たちも皆さまと過ごした【刺激的な日常】は、
きっと一生忘れることのない特別な思い出になりました。

スパイスだもの。2019をこの丹波の地で開催できたことは
ご来場いただいた皆さま
アーティストさま
出店者さま
ご協力いただいた皆さま
スタッフの皆さま
応援してくれた皆さま
スパイスだもの。2019に関わってくださった全てのみなさまのおかげです。
めいっぱいの感謝の気持ちをこめて。
本当に本当に、ありがとうございました。

皆さまから「1日限りの『森のなかのまち』」について
既に『是非来年も開催して欲しい。絶対に参加する』という声を
溢れるほど頂けていること、とても幸せです。
私たちの力はとても小さく、多くの人を幸せにすることなど到底できませんが
せめてスパイスだもの。に関わって頂いた皆さまの人生が
少しでも刺激的なものになればと思っております。

次回の開催についてはまだ何も決まっておりませんが
皆さまとまたいつかあの森で会えることを願っております。
田舎町で開催された小さな小さなフェスが
皆様の人生のどこかに一欠片でも残っていれば、これほどの喜びはありません。
また会える日までどうぞお元気で。

Photo by Hiroshi Maeda